お尻が痛む。長時間歩いていると、どんどん痛みが強くなってくる。

トップページ このような方々がいらしています お尻が痛む。長時間歩いていると、どんどん痛みが強くなってくる。

足と背中の筋肉や筋膜を柔らかくして現状の痛みは無くなりました。長時間歩いてどうかは要確認です!

本日の施術紹介。

🟡が痛む場所

🟢が施術した場所です。

お体のチェックからスタートします!

立っている状態だけでは痛みは無いご様子。

どんな動きで痛みが強くなるかを確認していきます。

腰から痛みが飛んでくる場合がありますので、まずは腰の動きをチェックしてみます。

体を前後や左右、ひねりの動きなどを確認しても痛みが強くなるようなことはありません。

今度は股関節周りを見ていきます。

左に体重をかけると少し痛みがあるご様子。

片足立ちになってもらうとさらに痛みが強くなりました。

片足立ちで痛むとなると、お尻にある仙腸関節という関節から痛みが飛んできている可能性もあるので、仙腸関節のチェックに移ります。

仙腸関節に負担のかからないポジションを3種類とって片足立ちをしてもらいましたが、やはり痛い。変化ありませんでした。

となると股関節周りの筋肉や神経を詳しく見ていきます。

横になっていただき、股関節の筋肉をひとつひとつ伸ばしたり収縮したりしてみます。

梨状筋という筋肉を伸ばしたり収縮したりするといつもの痛みがありました。

梨状筋は、梨状筋自体が硬くなっているケースの他に、腰の関節周りの異常で硬くなってしまうケースと、仙腸関節周りの異常で硬くなってしまうケースがあります。

はじめの動きで腰の関節と仙腸関節は問題がなさそうだったので、今回は梨状筋自体の硬さを疑っていきます💡

梨状筋の下には坐骨神経という神経や、後大腿皮神経という神経、陰部神経という神経があります。

梨状筋周りの硬さはこれらの神経に異常な刺激を加えてしまい、関係している場所に痛みを飛ばしてしまう可能性があります。もちろん梨状筋自体が痛む場合もあります。

なので、梨状筋を柔らかくしてみて反応を確認していきます。

手を使った施術や、運動をしていただくことで柔らかくなりました。

この時点で片足立ちや、痛かった動きを見てみます!

お客さま「結構良くなりました!」

はじめの痛みを10とすると4くらいまで改善されたようです💡

梨状筋周りの硬さが痛みに関係しているのがわかりました!

次に関係している筋膜もチェックしていきます!

広範囲にチェックしていくと、🟢の場所に硬さがありました!

追加の施術部位決定です💡

🟢の場所を入念に柔らかくしていきます!

十分に柔らかくなったところで、痛みのあった動きを見ていきます!

お客さま「大丈夫そうです!」

痛みは無くなったようです。

よかったです😊

ということで本日の施術紹介は終了です!

最後まで読んでいただきありがとうございました😊

※本投稿にご本人様の同意取得済み

******************

Neighbor Man

代表 浅賀亮哉

TEL:027-335-8509

HP:https://neighbor-man.com

mail:neighborman.224@gmail.com

〒370-0813

群馬県高崎市本町102

******************