お尻の奥が痛い。立ち上がりと歩きの初めに痛みが一番強く出る。

トップページ このような方々がいらしています お尻の奥が痛い。立ち上がりと歩きの初めに痛みが一番強く出る。

足、腰の筋膜を柔らかくして痛みが無くなりました!

本日の施術紹介です!

🟡が痛む場所、

🟢が施術した場所です。

お体のチェックからスタートしていきます!

痛みは、立ち上がりと歩き始めにあるご様子です。

🟡の場所を詳しく見ていきます。

🟡の場所には何があるのか、実際に触ってみると、梨状筋という筋肉でした。

押した感触は左よりも硬く、押すといつもの痛みが再現される状態です。

股関節の動きでも確認していきます。

梨状筋を伸ばす動きで痛みがありました。

他の筋肉を伸ばす動きでは痛みがありません。

次に梨状筋を収縮してもらいます。(単独で収縮することは難しいので、他の筋肉と一緒に動かしてもらいました)

痛みがあります。

🟡の痛む場所は、梨状筋で間違いなさそうです。

では右の梨状筋だけがなぜ硬くなってしまったのでしょうか?

梨状筋は、お尻の大きな関節(仙腸関節)や腰の関節周りと神経が同じ部分があるので、これらに負担がかかっていると、梨状筋が同時に反応して硬くなってしまうことがあるそうです。

この2つの場所の硬さや痛みなどもチェックしていきます。

腰の関節は問題ありませんでした。

仙腸関節は、負担をかけると少し痛みの反応がありました。

詳しく見ていきます。

仙腸関節周りの靭帯に負担のかかる動きや、この靭帯に付着している筋肉を押した時などに、痛みがありました。

まとめます!

・痛い場所は多裂筋

・多裂筋が硬くなってしまったのは、仙腸関節周りの硬さが原因?

ということで施術部位決定です!

施術部位は、🟢の部分で、多裂筋、仙腸関節(L1、2多裂筋浅層線維)、プラスこれらに関係のある筋膜に施術を行なっていきます。

🟢の場所が柔らかくなるように十分に施術を行っていきます!

十分に柔らかくなったところで、痛みのあった立ち上がりや歩き始めの動きを見ていきます!

「痛くない。」

よかったです😊

ということで本日の施術紹介は終了です!

最後まで読んでいただきありがとうございました😊

※本投稿にご本人様の同意取得済み

******************

Neighbor Man

代表 浅賀亮哉

TEL:027-335-8509

HP:https://neighbor-man.com

mail:neighborman.224@gmail.com

〒370-0813

群馬県高崎市本町102

******************