寝て起きると腰が痛くてうまく動けない。

トップページ このような方々がいらしています 寝て起きると腰が痛くてうまく動けない。

施術中も横になると痛みが出ていましたが、お腹と股関節を柔らかくしたら痛みが出なくなりました。

本日の施術紹介です!

🟡が痛む場所

🟢が施術した場所です。

お体のチェックからスタートします!

痛む場所は🟡の場所で、腰の下の方、腰とお尻の境目あたりだそうです。

痛む動きを確認していきます。

前屈み→痛み無し

前屈みから戻す動き→痛みなし

後ろ反らし→反らしきると🟡に痛みあり

左右側屈→痛み無し

左右ひねり→痛み無し

腰をそらすと痛みがあるようです🤔

今度は、原因を調べるために、①背骨の関節

②仙腸関節(お尻の大きな関節)

③筋肉・筋膜

をチェックしていきます!

①背骨の関節

→負担がかからないような姿勢に誘導しながら動きを見てみましたが、痛みは出てしまい、変化ありませんでした。

②仙腸関節

→負担がかからないように誘導すると、痛みが治まる様子でした!

③筋肉・筋膜

→腰の筋肉の補助をしながら動きを確認しても痛みがありました。

筋膜をチェックすると、背中やお尻に硬さが見つかりました(写真には場所を示していません)。

まとめです。

②から、痛みの場所は仙腸関節周囲が1番怪しいと判断しました!

③から、背中の筋膜が硬くなり、仙腸関節に負担がかかっていると判断しました!

仙腸関節への負担を減らす目的で、施術部位を筋膜に決定しました。

背中やお尻の筋膜を柔らかくしましたが、施術するために横になってもらった姿勢から起き上がる際、いつもの痛み(寝て起きると痛くなる)が出てしまいました。

痛みで動くのが大変なご様子でしたが、腰の筋肉や筋膜を安定させるよう対応し、なんとか動けるようになりました。

別の場所もチェックします!

背中やお尻の筋膜に硬さがありましたが、柔らかくしても全く変化がありませんでした。

もう一度股関節や腰回りの状態を確認すると、写真の🟢の部分で、腸腰筋(ちょうようきん)という筋肉の硬さや、scarpa’s fasciaやFascia Lataというお腹〜ももにかけての部分に硬さがありました。

追加の施術部位が決定です!

入念に筋肉や🟢の部分を柔らかくしていきます。

十分に柔らかくなったところで起き上がっていただくと、長時間横になった姿勢からの起き上がりでしたが、痛みが全くありませんでした!

立って足踏みをしていただいたり、もう一度横になっていただいたりしましたが、その後も大丈夫そうです。

よかったです!

ということで本日の施術紹介はこれにて終了です!

最後まで読んでいただきありがとうございました😊

※本投稿にご本人様の同意取得済み

******************

Neighbor Man

代表 浅賀亮哉

TEL:027-335-8509

HP:https://neighbor-man.com

mail:neighborman.224@gmail.com

〒370-0813

群馬県高崎市本町102

******************