手を上げると肩が痛い。洋服を着る際や、高いところの物を取る際に痛みが目立つ。

トップページ このような方々がいらしています 手を上げると肩が痛い。洋服を着る際や、高いところの物を取る際に痛みが目立つ。

肩の後ろ、肩甲骨の上、胸と脇を柔らかくして痛みが取れました。

本日の施術紹介です!

🟡が痛む場所

🟢が施術した場所です。

お体のチェックからスタートしていきます。

肩の可動域には問題が無さそうです。

詳しく痛みの原因を探していきます。

①まずは手を横にだらっと垂らした状態から、腕を外に上げる方向に力を入れるよう、僕の手を押してもらいます。

痛みは無いようです。

②次に実際に少し腕を外に上げ、その位置でまた同じように僕の手を押してもらいます。

🟡の部分に痛みが出るご様子。

①②の両方とも痛みがある場合は、筋肉自体が傷んでいる可能性を考えますが、②のみ痛みがありました。

これは筋肉の硬さや使い方のバランスが悪くなっていることで痛みが出ている事を考えていきます。

ということで、肩周りの硬さや筋肉のバランスをチェックしていきます。

③Howskins testというテストで肩の動きを見てみます。

・🟡の部分に痛みがありました!

④肩の関節を違う角度に持って行き、Howskins testをもう一度行います。

・痛みは無くなりした。

⑤Horizontal arc test というテストも行いました。

・痛みがありました。

・肩の後ろが突っ張るような痛みと、🟡にズキンとくる痛みです。

・その位置で肘の関節を曲げます。痛みが強くなりました!

⑥肩の動きには肋骨の動きや肩甲骨の動きも関わります。

肋骨と肩甲骨の動きも確認していきます。

・肋骨は左右共に横方向の開きに硬さがありました。

・肩甲骨は胸を張るような動きが難しそうです。

⑦その他テストは問題ありませんでした。

まとめます。

③④より、小円筋下部線維という場所の硬さが疑われました。

⑤より、上腕三頭筋長頭の硬さが疑われました。

⑥より、前鋸筋上部線維、小胸筋、肋骨の可動域低下が疑われました。

これら全てが🟢の場所です。

施術部位は🟢の場所に決定しました!

🟢が柔らかくなるように、施樹や運動を行っていきます。

十分に柔らかくなったところで、痛みのあった動きを見ていきます!

「痛くないです!」

肩を上げた時の痛みはなくなったご様子です!

よかったです😊

ということで本日の施術紹介は終了です!

最後まで読んでいただきありがとうございました😊

※本投稿にご本人様の同意取得済み

******************

Neighbor Man

代表 浅賀亮哉

TEL:027-335-8509

HP:https://neighbor-man.com

mail:neighborman.224@gmail.com

〒370-0813

群馬県高崎市本町102

******************