指を曲げると痛い。指に力を入れたり、ものを持ったりすると痛みが強くなる。

トップページ このような方々がいらしています 指を曲げると痛い。指に力を入れたり、ものを持ったりすると痛みが強くなる。

手の平の中をストレッチしたことと、手の平や腕の筋膜を柔らかくして痛みが無くなりました!

本日の施術紹介です。

🟡の部分が痛む場所、

🟢の部分が施術をした場所です。

それではお体のチェックから始めていきます。

まずは痛む動きを確認していきます。

指を曲げた時に中指に痛みが出現するご様子。

ただ単純に曲げた時も痛みがあり、何か物を持つ際や力を入れると痛みが少し強くなります。

指の曲げ方を詳しく見ていきます。

指のDIP関節(第一関節と認識されている場所)だけ曲がるように僕が他の場所を抑えて指を曲げてもらいます。

痛みはありませんでした!

次にDIP関節とPIP関節(第一関節と第二関節として認識されている関節)を同時に曲げてもらいます。

いつもの痛みが出現しました。

中指を曲げる筋肉には、主に深指屈筋と浅指屈筋という筋肉があります。

第一関節のみを曲げる際には、深指屈筋という筋肉の腱が強く働きます。

第ニ関節を曲げる際には深指屈筋と浅指屈筋の腱が両方強く働きます。

今回は第一関節のみ曲げた際に痛みがなく、深指屈筋と浅指屈筋の腱を両方使う第二関節を曲げた際に痛みが再現されました。

一応、エコーで中身を確認をしてみましたが、腫れや怪我が予想されるようなものはありませんでした。

この結果から、以下のことを予想しました。

①傷んでいる場所は深指屈筋ではなく、浅指屈筋のほう?(浅指屈筋の周りの硬さ?)

②これら2つの腱の間の硬さ(滑りが悪くなっている?)がある?

③これら2つの筋肉は腕(前腕 : 肘から手首まで)から来ているので、腕のほうで2つの筋肉の動きが悪くなっている?

それぞれ確認していきます。

まず、①②を確認するために、エコーでこれらの腱を見ながら指を動かしてもらいました。

中指以外の指と比較すると、やはり中指では、2つの腱の動きがぎこちなく見えました!

指の腱は、手の中でプーリーと言う名前のついたバンドで固定されています。腱とプーリーの間のあたりの動きが悪いのがわかりました。

③を確認するために、指と手首を動かして腕のストレッチを行い、左右の硬さを確認していきます。

左腕と比較して、やはり右腕の方が硬さが目立ちました。

ストレッチによる硬さは、筋肉だけでなく、皮膚や筋膜も関係してきます。

それぞれの硬さをチェックすると、🟢の場所の筋膜に硬さがありました。

施術部位決定です。

まずは、プーリーをストレッチして、腱とプーリーの間のストレスを軽減していきます。

ストレッチを終えた時点で、中指を曲げた際の痛みが、施術前を10としたときに3くらいまで大幅に改善されました!

よかったです!

残りの3を取りたいので、引き続き筋膜の施術を行っていきます。

🟢の部分を入念に柔らかくしていきます。

十分に柔らかくなったところで、中指の動きを確認です!

「あ、痛くないです!」

なんとか痛みが無くなりました。

よかったです☺️

ということで本日の施術紹介は終了です!

最後まで読んでいただきありがとうございました😊

※本投稿にご本人様の同意取得済み

******************

Neighbor Man

代表 浅賀亮哉

TEL:027-335-8509

HP:https://neighbor-man.com

mail:neighborman.224@gmail.com

〒370-0813

群馬県高崎市本町102

******************