背中から腰にかけてが痛い!

トップページ このような方々がいらしています 背中から腰にかけてが痛い!

背中と足の筋膜を柔らかくして痛みが取れました。

本日の施術紹介です!

🟡が痛む場所

🟢が施術した場所です。

お体のチェックからスタートです!

痛む場所をお聞きしてみます。

手の平を使ってこの辺!と広い範囲に痛むご様子でした。

※腰痛の出方の特徴

・左右どちらか一方に指一本で指せる痛み→関節や関節周りの筋肉の痛み

・指一本ではなく、手の平を使って広い範囲を示す痛み→筋膜の痛み

・一本の線で繋がるように足まで痛む→神経の根本が原因の痛み

・腰、お尻、もも、スネのようにバラバラに痛みが飛んでいる→お尻の関節(仙腸関節)周りが原因の痛み

このように原因部位にあたりをつけていきます。

今回は、手の平を使って広い範囲の痛みを表現されていたので、筋膜が原因の痛みかな?と考えました。

痛む動きも確認します!

・体を前にたおす→痛い

・体を後ろにそらす→痛い

・前にたおした位置から、後ろにそらす途中→そらすにつれて痛みが強くなる

・横にたおす→左右両方たおすにつれて痛い

・ひねる→左右両方ひねるにつれて痛い

※動きによる痛みの出方の特徴

・腰を動かした時、ある角度で急にズキッと痛む→関節や関節周りの筋肉の痛み

・腰を動かした分に比例して痛みが強くなる→筋膜の痛み

・腰を反らした時に足まで痛みが走る→神経の根本が原因の痛み

・腰を反らした時に膝を曲げてしまう。膝が曲がっていれば腰に痛みが出ない→ お尻の関節(仙腸関節)周りが原因の痛み

このように、動いた時の痛みの出方でも原因部位にあたりをつけていきます。

今回は、そらすにつれて痛みが強くなったり、横に倒したりひねったりするにつれて痛みが強くなったので、筋膜が原因ではないかと考えました。

先に説明した、痛みの表現(手の平を使い広範囲が痛むという表現)からも筋膜が原因ではないかと疑えます。

背中の筋膜は、背中にある大きな広背筋と、お尻の大殿筋、ももにある腸脛靭帯という膜状の靭帯と主に繋がっています。

これらのどこが硬くなっていても背中の筋膜に負担がかかりやすくなってしまうので、それぞれチェックしていきます。

・広背筋を伸ばす→少し痛む

・広背筋を収縮させる→痛む

・大殿筋を伸ばす→痛み無し

・大殿筋を収縮させる→痛み無し

・腸脛靭帯を伸ばす→痛み無しだか硬さあり

・腸脛靭帯を引き上げる大腿筋膜張筋という筋肉を収縮させる→痛む

これらから、広背筋、腸脛靭帯(大腿筋膜張筋)から背中の筋膜が影響を受けている可能性を考えました。

それぞれの硬さを触って確かめてみます。

🟢の部分に硬さがありました!

施術部位は🟢の部分に決定です。

ソフトな刺激で入念に柔らかくしていきます🫳

十分柔らかくなったことを確認し、痛みのあった動きを見てみます。

「大丈夫です」

よかったです!

痛みは今のところゼロだそうです👍

本日はこれにて終了!

次回予約も日常生活に戻り、数日様子を見て大丈夫そうでしたら経過観察でOKの説明をさせていただきました😊

※本投稿にご本人様の同意取得済み

******************

Neighbor Man

代表 浅賀亮哉

TEL:027-335-8509

HP:https://neighbor-man.com

mail:neighborman.224@gmail.com

〒370-0813

群馬県高崎市本町102

******************