足の付け根が引っかかる。足をつくと痛い。

トップページ このような方々がいらしています 足の付け根が引っかかる。足をつくと痛い。

腰、股関節の内側外側、反対側のお腹の硬さを取って、引っかかりと痛みは現状ゼロになりました。

痛みは🟡の部分

施術した場所は🟢の部分

まずはお体のチェックからスタートします!

指一本でさせるピンポイントの場所に痛みがあり、深く押すと股関節の奥に痛みを感じるそうです。

日常生活では、激痛ではないけれど足をつくと気になる程度の痛みがある。硬くてあぐらがかけないとのことです。

股関節周りの筋肉を伸ばしたり収縮させたりと、ひとつひとつ観察していきます。

痛みの原因を探す時、関節の角度と痛みの出かたで原因部位を予想していきます。

①関節をご自分で動かしてもらう

②関節を僕が動かす

①と②どちらも痛みがあり、①より②で関節の角度が増え、その際痛みが強くなれば、筋肉の伸ばされた痛み。

①で痛みがあり②で痛みが弱くなる、ないし痛みが無い、そして①より②で関節の角度が増え、痛みが弱くなる、ないし痛みが無い場所、筋肉を使った時の痛み。

①と②どちらも痛みがあり、①と②で関節の角度変わらず、痛みが強くなれば、関節を包む袋や靭帯の伸ばされた痛みや骨同士の衝突による痛み。

おおよそこのように考えていきます。

股関節周りの筋肉をひとつひとつ見ていくと、今回は股関節の前側の筋肉を使った時に痛みがありました。

エコーで確認すると、筋肉の表面や筋肉と筋肉の間、筋肉の裏にある脂肪の動きが悪い🤔

押して痛い場所と使って痛い場所が一致していたので、痛んでいる場所はここだろうと判断しました!

動きの悪さや硬さを解消するように入念に柔らかくしていきます。

すると、筋肉を使った時の痛みは無くなりました👌

まだ引っかかる感じとあぐらの硬さは残っています。

それでは立って動きを確認します。

足をつく時の痛みはとりあえず無くなっていました。

他の動きも見てみます。

しゃがむ動きでまだ痛むご様子🤔

詳しく見ていきます。

骨盤の前傾といった腰を反らした姿勢でしゃがむ動きと、骨盤の後傾といった腰を丸めた姿勢でしゃがむ動きを確認します。

すると腰を丸めてしゃがめない🤔

おそらく常に腰がそってしまっているので、股関節の前で筋肉が詰まりやすい状態だと予想しました。

骨盤の後傾をさまたげる腰の筋肉や筋膜を柔らかくしていきます。

運動も少し加えながら動きを学習していきます。

すると、しゃがみの痛みは1/3になりました👌ただし、体をひねる動きでの違和感があり、あぐらのつまりや硬さが残っています。

筋肉の気になる場所は施術したので、次は筋膜を再チェック!股関節の内側外側、反対側のお腹に硬さがあったので、手を使って柔らかくしていきます。

しゃがみの痛み、ひねりの違和感が無くなり、あぐらの可動域も増えました😭👍

よかったです😊

※本投稿にご本人様の同意取得済み

******************

Neighbor Man

代表 浅賀亮哉

TEL:027-335-8509

HP:https://neighbor-man.com

mail:neighborman.224@gmail.com

〒370-0813

群馬県高崎市本町102

******************