長時間歩くと膝の後ろが痛くなる。しゃがむと膝がつまる感じがする。

トップページ このような方々がいらしています 長時間歩くと膝の後ろが痛くなる。しゃがむと膝がつまる感じがする。

足の筋膜を柔らかくして痛みが0になりました!

本日の施術紹介です!

🟡が痛む場所

🟢が施術した場所です。

それではお体のチェックからスタートです!

まずは痛む場所の確認です。

痛む場所は🟡の部分の奥深くで、普段は長時間歩いたり、しゃがみきった時に痛みが出ます。何もしていない時にもご自身で強く押すと奥にある痛みに指が届くそうです。

詳しく見ていきます!

膝の動かせる角度は正常です。

①膝を最大まで曲げていきます。

→曲げきったところで膝裏がつまるご様子。

②今度は逆に伸ばしきって最後に軽く押してみます。

→伸ばした最後の方も少し違和感があるご様子。

①②と、押して痛む場所を考慮すると、膝窩筋(しつかきん)という筋肉が怪しいと考えました。

膝窩筋は、膝を60°曲げた位置から完全に伸ばしきった位置までと、膝を120°曲げた位置から完全に曲げきった際に伸ばされる筋肉です。

①②から膝窩筋が伸ばされた時の痛みが予想できました。

膝窩筋にストレスがかかると痛みが出ているのがわかったところで、なぜストレスがかかっているのかをチェックしていきます。

膝の骨の位置は正常でした。

筋力も問題ありません。

それでは膝窩筋の位置関係をもう一度考えていきます。

膝窩筋は、膝の裏の少し下にある筋肉ですが、大腿骨(股関節から膝まであるももの骨)から脛骨(スネの骨)にくっついている筋肉です。

大体骨にくっついている方は、膝を包む関節包や膝の外側側副靭帯などを介してももの筋膜と繋がっています。

脛骨にくっついている方は、スネの骨膜や筋膜に繋がっています。

この構造から、ももの筋膜やスネの筋膜が硬くなってしまうと膝窩筋にストレスをかけてしまう事が予想できます。

ということで筋膜のチェックに移ります!

広い範囲で硬い部分を探していくと、🟢の部分に硬さがありました!

これらの場所の柔軟性が悪いことで、膝窩筋にストレスがかかりやすい状態になっているのを予想し、🟢の部分を施術部位に決めました!

入念に柔らかくなるまで施術していきます!

十分に柔らかくなったところで膝の曲げ伸ばしをもう一度行ってみます!

「痛みがないです!」とのこと

よかったです!

ということで本日の施術紹介はこれにて終了です。

最後まで読んでいただきありがとうございました😊

※本投稿にご本人様の同意取得済み

******************

Neighbor Man

代表 浅賀亮哉

TEL:027-335-8509

HP:https://neighbor-man.com

mail:neighborman.224@gmail.com

〒370-0813

群馬県高崎市本町102

******************