コンディショニングについて

トップページ コンディショニングについて

痛みや痺れの改善を目指す。
ファシアに視点を向けたお体のコンディショニング

ファシアとは?

私たちの体の中には、筋肉や内蔵、血管や神経、脂肪やリンパなど様々なものが存在しています。

これらは全て「体」という箱の中にバラバラに入れられているわけではなく、すべてが繋がり連絡を取り合っています。では、いったいこれらを何がつなげているのか。

それがファシアです。

つまりファシアとは、「体にある様々な組織や臓器を繋ぎ、支え、知覚するもの」であり、代表的なものには”筋膜”があります。

筋膜の他にも、腱や靱帯、神経を構成する組織や、脂肪、内臓を包む膜などがあり、これらを全て含めてファシアと呼びます。

テレビや雑誌などで目にすることの多くなってきた筋膜もファシアの一部なのです。

そして近年、痛みや痺れの原因部位としてこのファシアが世界的に注目されています。

ファシアの異常とは?

筋肉が硬くなってしまったり、内臓の働きが悪くなってしまうように、ファシアにも異常な状態があります。

異常のあるファシアは、

と言われています。

このようなファシアの異常は、特定の場所を

などで生じてしまうと言われています。

過去に怪我をした場所や手術をしたことのある場所などもファシアの異常が生じている事が多いと言われており、そういった場所が現在の痛みの原因となっている可能性もあると言われています。

ファシアの異常による症状とは?

ファシアに異常があり、かつ、他の疾患では説明できない痛みや痺れがある場合には、ファッシャル ペイン シンドローム(Fascial pain syndrome:FPS)の可能性が考えられています。

ファッシャル ペイン シンドロームとは、

『ファシアの異常によって引き起こされる知覚症状、運動症状および自律神経症状(を呈する症候群)』と定義されています。

慢性化した痛みや痺れなど、原因のわからない様々な不調の裏には、ファシアの異常が存在しているかもしれません。

当スタジオではそういったファシアの異常部位を探していきます。

ファシアを整えるコンディショニング

当スタジオのコンディショニングは、ファシアに視点を向けた施術を行わせていただきます。
問題があると感じたファシアの部位に対して、手や肘を使って軽い圧や摩擦を加えていきます。

局所の問題に対する施術

筋肉と筋肉の間や筋肉と腱の間、神経や血管の周りなど、それぞれ動きが悪くなってしまうと、そこ自体に痛みや痺れを感じてしまう場合があります。

身体評価からそういった問題部位を見つけ出し、手を使って柔らかくしていきます。

全身の問題に対する施術

過去に怪我をした事のある場所や、職業、趣味、生活スタイルなどから、日常生活でよく使う場所、またあまり使わない場所など、お体の中で偏った環境にある場所は、ファシアの異常が起こりやすいと言われています。

これにより現在症状のある場所とは離れた場所、もしくはお体全体のバランス不良が現在の痛みや痺れの原因となっている場合があります。

日常生活に関するお話や、現在に至るまでのお怪我の有無、姿勢や動きの観察から、体全身を細かくチェックさせていただき、問題のある場所に対して施術を行わせていただきます。