ブログ

トップページ ブログ 豆知識 天気と痛みは関係あるの?

天気と痛みは関係あるの?


天気が悪くなると古傷が痛む!

子供の頃、なぜかこのフレーズをカッコいいと思ってよく使っていた時期がありました笑

大人になって医療機関に勤め出すと、当時関わらせていただいた多くの患者さまから、このフレーズをお聞きしました。

すごい人になると、

「腰が痛いから明日は雨だな。」

「天気予報だと数日天気がいいみたいよ。肩も痛くないし多分当たっているわ。」

など、百発百中の天気予報士さんまでいらっしゃいました。

天気と痛みは本当に関係するのでしょうか?

答えはイエス
関係があるそうです!

曇りや雨の日など、天気が悪くなると気圧が低下します。

人の体にはこの気圧をキャッチするセンサーが備わっていて、内耳と呼ばれる耳の中の奥深くにそれは存在しています。

内耳のセンサーが低気圧をキャッチすると、脳内の視床下部という場所が刺激され、そこから交感神経を刺激する信号が発せられるそうです。

交感神経が刺激され、その活動が亢進すると、ノルアドレナリンという物質が血中に放出され、痛みを感じる神経を刺激するそうです。

これがお天気痛のメカニズム!
ですが、、、

ここまでの話を聞くと、天気が悪くなると全人類がみな体が痛くなるのでは?と考えてしまいます。

そうでは無いようです。

気圧低下に反応して痛みが出やすいパターンには以下のようなものがあるそうです。

①あらかじめ神経損傷や炎症が存在する(または過去に神経損傷や炎症で長期間の痛みを経験したことがある)。
②内耳の神経が過敏になっている。
③寝不足や食生活の乱れで自律神経が乱れている。

①は、人間が誰しも持ち合わせている反応です。
これから②③に書くことも、痛みの予防になりますので是非試してみてください😊

②は、乗り物酔いが激しい方などに多いそうです。耳の血行を良くすることが、気圧センサーの過度な働きを抑え、お天気痛の予防にもつながるそうです。

方法は耳をつまんで前後ろ上下に動かしたり、グルグル回したり、耳の周りを動かしてマッサージをすることだそうです!

③は、生活習慣ですね!
睡眠の質を上げて早寝早起きする。
食事は食べ過ぎ飲み過ぎに注意して、3食必要量を食べる。
朝起きたら15分ほど日光に当たる。
適度な運動を心がける。
などです!

これらが予防につながるそうです!

天気に体調が振り回されるのは大変お辛いことだと思います。

そんな方は是非試してみてください😊👍

******************

Neighbor Man

代表 浅賀亮哉

TEL:027-335-8509

HP:https://neighbor-man.com

ご予約:https://c-pit.com/ap/5638EZHe/

mail:neighborman.224@gmail.com

〒370-0813

群馬県高崎市本町102